Windows関係の設定や操作

XSERVERへPuTTYでSSH接続(公開鍵認証方式)

XSERVERへPuTTYでSSH接続(公開鍵認証方式)

XSERVERへPuTTYでSSH接続(公開鍵認証方式)を
するための方法です。
XSERVERは公式にSSH接続をサポートしています。
ただしパスワード認証はサポートせずに
公開鍵認証方式のみのサポートになっています。
サーバにログインしてコマンドで
ファイルの一括操作や
DBのインポート・エクスポートなど
何かしらのオペレーションをする時には
SSH接続をして操作をする事ができます。

XSERVERにSSH接続(公開鍵認証方式)をする場合は
事前にXSERVER上で
鍵ペアを作成して置いて
秘密鍵をダウンロードしておく必要が有ります。
XSERVER上で公開鍵認証の用意をする場合は
こちらのページを参考にして下さい。

Windowsでは無く
MacのターミナルでSSH接続(公開鍵認証方式)を
する方法はこちらのページを参考にしてください。

PuTTYの設定

PuTTYでXSERVERに
公開鍵認証方式で
接続するための設定をしていきます。
PuTTYのインストール・文字コードの
設定などはこちらのページを参考にしてください。

XSERVERで作成した秘密鍵は、
そのままのファイル形式(OpenSSH)では
PuTTYでは利用できません。
PuTTY形式に変換する必要があります。
PuTTY形式に変換する方法は、
こちらのページに書いています。
参考にしてください。

ホスト名とポート番号の設定

[セッション]メニューの
ホスト名とポート番号を設定します。
ホスト名はXSERVERのサーバID.xsrv.jp
ポート番号は10022
を入力します。


画面をクリックすると別画面で大きく表示されます。

PuTTYへ秘密鍵を登録

[接続]→[SSH]→[セッション]メニューの
認証のためのプライベートファイルに
XSERVERへのSSH接続に使う
秘密鍵を登録します。
※PuTTY形式に変換した秘密鍵を選択して下さい。



画面をクリックすると別画面で大きく表示されます。

ファイルを選択すると
ファイルのパスが表示されます。


画面をクリックすると別画面で大きく表示されます。

登録内容を保存する

毎回、ホスト名とポート番号と秘密鍵を
入力するのは面倒なので、
PuTTYに登録内容を保存します。

[セッション一覧]の入力エリアに
わかりやすい名前を入力します。
入力した後に[保存]ボタンを押して保存します。


画面をクリックすると別画面で大きく表示されます。

保存した名前で登録が出来ると
今後は読み込みたいセッション名を選択して
[読込]ボタンを押すと
そのセッションの登録内容が
読み込まれます。


画面をクリックすると別画面で大きく表示されます。

XSERVERへPuTTYでSSH接続

XSERVERへPuTTYでSSH接続します。

[開く]ボタンを押してSSH接続を開始します。
初めてアクセスする時は、
Putty Security Alertが出ます。
そのまま[はい]を押してください。


画面をクリックすると別画面で大きく表示されます。



画面をクリックすると別画面で大きく表示されます。

ログインIDを入力します。
XSERVERの場合は
ログインIDはサーバIDになります。


画面をクリックすると別画面で大きく表示されます。

公開鍵を作った時のパスフレーズを入力します。
この時、コンソールは変化しませんが
入力はされています。


画面をクリックすると別画面で大きく表示されます。

パスフレーズがマッチすると
XSERVERにSSHで接続できます。

XSERVERへPuTTYで
SSH接続(公開鍵認証方式)は
以上になります。

 
スポンサーリンク


-Windows関係の設定や操作

© 2020 ラズベリーパイとサンデープログラミング