PC・周辺機器など

Garmin ForeAthlete 945の充電ができない時の対応方法

Garmin ForeAthlete 945の充電ができない時の対応方法

Garmin ForeAthlete 945の充電が出来ない時の対応方法です。

私の使っているガーミンはForeAthlete 945です。
スポーツをする時以外も
スマホから電話の着信やメールの受信の通知を受け取るために
お風呂の時、洗い物をする時、時計が激しく汚れる時以外は
ほぼガーミンを着けたままにしています。

いつも身に着けているガーミンのForeAthlete 945ですが
充電が完全に出来ない、表示は充電中の表示になっているのに
まったく充電できていない、または途中までは充電できていたのに
100%フル充電できずに途中で止まっている事が有りました。

そんな時に私がしたガーミンのForeAthlete 945の
充電ができるようにした対応方法です。

ガーミン本体の充電部分の溝の掃除

ガーミン本体の充電部分の溝の掃除
私は屋外の仕事もします。
この時もガーミンを付けたまま
仕事をするので
仕事を終わった後に
ガーミンを外して見ると
土ぼこりがたまっています。
数日するとガーミン本体の充電部分の溝に
土ぼこりが堆積してきます。
そのためにガーミンのUSB充電器の溝が
奥までキッチリと入らず、
充電器側とガーミン本体の充電部分の接点の接続が
上手く出来なくなり充電が出来なくなりました。
この時の対応方法はガーミン本体の
溝に溜まったゴミをほじくり出して
接触が上手く出来るようにして
充電ができるようになりました。
私は本体に傷がつかないように
金属を使わず爪楊枝を使ってやりました。

ガーミン本体の充電部分の掃除

ガーミン本体の充電部分の掃除
一番多いと思われる原因はこれだと思います。
毎日ガーミンを付けていると
ガーミン本体の充電部の金属部分に
汗や汚れが原因の汚れが付着してきます。
このガーミン本体の充電部分の接点が汚れてしまったために
USB充電器からの充電が出来なくなります。

この時の対応方法はガーミン本体の充電部分の掃除です。
金属部分に傷がつかないように綿棒などの
柔らかくて破れて接点に付着しにくい物に
アルコールを付けて充電部分の接点を掃除します。

私はこの2つの対策で充電ができるようになりました。
これで充電が出来ないようなら
試してみる事として
USB充電器側の接続部分の掃除、
ガーミンの充電ケーブルの交換、
USBのポートの故障を確認するため
USBポートを変更してみる。

これでダメなら本体の故障を
疑いサポートの方に
問い合わせになるのでは無いのでしょうか?

ガーミンのスマートウォッチには満足していますが、
充電に関しては汚れて充電が出来なくなる、
使っているとケーブルが
短いなど若干の不満をもっています。
ワイヤレス充電をサポートしたモデルが
有るとこの不満は無くなります。

汚れの予防方法

なるべく溝に汚れがたまらない、
接点が汚れないようにできる
カバーが有ります。
Amazonでガーミンの長めの充電ケーブルを
探している時に見つけました。
汚れ防止のカバーが売られてるという事は、
ガーミンで充電で充電できなくなるトラブルは
多いのかなと思います。
私も100%では無いと思いますが
改善はすると思うのでカバーを買って
ガーミン本体の充電部分の接点に
カバーをするようにしました。

-PC・周辺機器など
-

© 2021 ラズベリーパイとサンデープログラミング