WordPress

WordPressアドレスとサイトアドレスを間違って変更してアクセスできない

WordPressアドレスとサイトアドレスを間違って変更してアクセスできない

WordPressの管理画面で
WordPressアドレスとサイトアドレスを
間違って変更してしまいWordPressに
アクセスできなくなってしまった時の復旧方法です。
ドメインを間違っているため
WordPressの管理画面へアクセスが
出来ないので
WordPressの管理画面からの修正は出来ません。

復旧方法は複数有ります。
下記の方法です。

簡単な修正方法は
wp-config.phpを編集して修正する方法です。
ただしこの方法で修正をすると
WordPressの管理画面から
WordPressアドレスとサイトアドレスの
編集が出来なくなります。

Created with GIMP

MySQLのデータ(wp-option)を更新する方法だと
WordPressの管理画面から
WordPressアドレスとサイトアドレスの
編集は出来ます。

wp-config.phpを編集して修正する方法

wp-config.phpを編集して修正する方法です。

define('WP_HOME','戻すURL');
define('WP_SITEURL','戻すURL');

の2行をwp-config.phpの最後では無く
先頭に追加してください。

例:このWebサイトの場合は
define('WP_HOME','https://gahaha.xyz');
define('WP_SITEURL','https://gahaha.xyz');

さらに失敗を重ねないように詳しく手順を書くと
下記のようにするとさらに失敗を重ねても
リカバリーし易いと思います。

1.wp-config.phpをローカルにダウンロード
2.ダウンロードしたwp-config.phpをコピー
3.ダウンロードしたwp-config.phpを編集して保存
4.編集したwp-config.phpをSFTPなどでサーバ上のwp-config.phpを上書き更新

サーバ上のwp-config.phpを直に編集しない、
失敗した時に元に戻せるようにしておけば
作業にミスが有っても元の状態に戻せます。
バックアップを取りつつ作業をする事をお勧めします。

MySQLのデータ(wp-option)を更新して修正する方法

Created with GIMP

MySQLのデータを更新して修正する方法です。
WordPressが使用しているMySQLを
phpmyadminやその他のSQLクライアントを使ってアクセスします。
wp_optionsテーブルをオープンして
siteurlhome
を更新します。

Created with GIMP

SQLのUPDATE文を使って更新するよりも
phpmyadminのGUIを使って更新する方が
簡単だと思います。
こちらのMySQLのデータ(wp-option)を更新して修正する方法も
DBのバックアップを取って
さらに失敗しても復元できるようにしてから
復旧作業をするのをお勧めします。

WordPress・WordPressの管理画面にアクセス出来るか確認

wp-config.phpを編集して修正する方法
MySQLのデータ(wp-option)を更新して修正する方法
のどちらかで修正更新後には、
WordPress・WordPressの管理画面にアクセス出来るか確認します。
間違いがない場合は正常にアクセスできます。

-WordPress
-

© 2021 ラズベリーパイとサンデープログラミング