その他使用するソフトウェアの説明

PuTTYでSSHポートフォワーディングの設定

更新日:

PuTTYでSSHポートフォワーディングの設定

PuTTYでSSHポートフォワーディングの
設定をする方法です。

PuTTYではSSHポートフォワーディングの
設定が可能です。
PuTTYを使わないでも
plinkを使いSSHポートフォワーディングも
可能ですがPuTTYを使い
SSHポートフォワーディングを
する方法を説明します。

SSHポートフォワーディングの設定をする前には
インストールや初期設定・公開鍵認証方式の
設定をしておいてください。

PuTTYのインストール・文字コードの
設定などはこちらのページを参考にしてください。

PuTTYでSSH接続(公開鍵認証方式)を
する方法はこちらのページを参考にしてください。

ポートフォワーディングの設定方法

PuTTYでポートフォワーディングの設定をしていきます。

[カテゴリー]→[接続]→[SSH]→[トンネル]の
[SSH ポートフォワーディングのオプション]画面を表示します。

ポートフォワーディングをするために
下記の設定をしていきます。
源ポート:ポート番号を任意に指定します。
任意ですがウェルノウンポートは
使わないようにします。
私はポートフォワーディング先の
ポート+10000にしています。
MySQLにアクセスする時は、
3306に10000で13306にしています。


源ポート: ローカルのポートフォワーディング元のポート
送り先 ポートフォワーディング先の
ホストとポートを:で
区切って指定



画面をクリックすると別画面で大きく表示されます。

[追加]ボタンを
押して登録します。


画面をクリックすると別画面で大きく表示されます。

登録されると
[フォワードするポート一覧]に
登録された情報が追加されます。


画面をクリックすると別画面で大きく表示されます。

[セッション]を押して
今回のポートフォワーディングの設定を
追加した設定を保存するか
または新規に名前を付けて新規に登録します。


画面をクリックすると別画面で大きく表示されます。

PuTTYでSSHポートフォワーディングの
設定は完了です。

以上になります。

 
スポンサーリンク
 






 

-その他使用するソフトウェアの説明

Copyright© ラズベリーパイとサンデープログラミング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.