Windows関係の設定や操作

指定サイズのファイルを作成する方法(fsutilコマンド )

投稿日:

指定サイズのファイルを作成する方法



画面をクリックすると別画面で大きく表示されます。

Windowsで指定サイズの
ファイルを作成する方法としては
fsutilというコマンドを使って
指定サイズを作成する方法が有ります。
コマンドプロンプトから
fsutilコマンドに
オプションを付けて
指定サイズのファイルを
作成する方法です。

ファイルサイズで
処理が分岐する時の
テスト用のダミーファイルを
作ったりするのに
作成して使ったりします。

巨大なファイルの作成も
早くできます。

1.fsutilの使い方(指定サイズのファイル作成)

fsutilコマンドを使って
指定サイズのファイルを
作成するには下記の
コマンドを実行します。

fsutil file [createnew]

オプションの説明
filename : 作成するファイル名
length : 作成するファイルサイズ(バイト)

例:
c:\tmpと言うフォルダ内に100Mバイトの
100m.file
というファイルを作成する場合は

>fsutil file createnew c:\tmp\100m.file 104857600

100M=100×1024×1024

のようにコマンドを実行をします。
ファイル名だけだと
カレントにファイルを
作成します。

戻る

指定サイズのファイルを作成する方法
(fsutilコマンド)は
以上になります。

 
スポンサーリンク
 






 

-Windows関係の設定や操作

Copyright© ラズベリーパイとサンデープログラミング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.